ニュース

【2020日本代表】米TSL選抜に真っ向勝負を挑むも歴史的勝利は奪えず

2020年03月02日月 15:08

現地時間3月1日19時よりアメリカ・テキサス州フリスコにて日本代表がTSL(The Spring League)選抜と対戦した。
試合序盤、味方のパントブロックをK/P鈴木健太(#11・ノジマ相模原)の先制フィールドゴールへとつなげる絶好の立ち上がりだったが、NFLスターター経験者を擁するTSL選抜が徐々に地力を発揮し3−13で前半を折り返した。後半の追い上げを狙った日本代表は主将WR近江克仁(#84・IBM)とRB藤本拓弥(#26・パナソニック)がタッチダウンを奪うもTSL選抜を攻めきれず、セーフティーや好機でのミスが重なり16−36で敗れた。