富士通フロンティアーズ

プロフィール

富士通フロンティアーズは富士通グループのアメリカンフットボール経験者が集まり、同好会として発足する。1985年、“アマチュアリズムで仕事もフットボールも日本一に”をスローガンに、日本アメリカンフットボール界の開拓者となる事を誓い「FRONTIERS」と命名し、日本社会人アメリカンフットボール協会2部リーグに加盟。以降、急速に力をつけ、創部3年目には社会人最高峰の1部リーグに昇格した。

2014年のシーズン創部30年目にして、6度目の出場となるJAPAN X BOWLで初めて勝利し、社会人日本一に。初出場となる日本選手権(RICE BOWL)でも学生王者を相手に勝利を納め、「日本一」の栄冠に輝いた。また、、2016年シーズンに2度目の日本一を達成すると、以降、2018年シーズンまで3連覇を達成。2019年シーズンには、それまでの実績をベースに、さらなる高みに上るべく、それまでチームを率いていた藤田ヘッドコーチが勇退し、山本ヘッドコーチ体制となる。新体制で迎えた2019年シーズン、史上最多タイの4連覇を達成。昨シーズンは惜しくも決勝で敗戦し、2021シーズンは王座奪還を目指す。

発足時のスローガンを体現すべく、所属する選手・スタッフは、仕事と競技の両立と、拠点である川崎市の「かわさきスポーツパートナー」として、地域貢献活動にも積極的に参加している。

カテゴリ 実業団
母体企業 富士通株式会社
オフィシャルスポンサー ---
創部/加盟 1985年/1986年
Xリーグリーグ戦通算成績
※1996年以降、X2以下除く
■レギュラーシーズン
142戦113勝27敗2分
■ポストシーズン
32戦21勝11敗
※ポストシーズンはJXB、順位決定戦含む
日本社会人選手権出場/優勝 出場12回/優勝5回
ライスボウル出場/優勝 出場5回/優勝5回
チーム名の由来 日本のフットボール界の先駆者(フロンティア)になることを願って。
チームカラー FUJITSUレッド
公式サイト http://sports.jp.fujitsu.com/frontiers/
チームスローガン ALL OR NOTHING
スローガンに込めた意味 自らが何事にも妥協を許さず決断して、チームの為になにができるのか自分たちは何を成し遂げたいのかを考えて行動する。