東京ガスクリエイターズ

プロフィール

1982年に京都大学が甲子園ボウル初出場した当時の主将エースRB松田明彦(現部長)が中心となり、東京ガスの社内フットボール経験者や、未経験ながら参加を希望した社員を集めて1985年にチームを創設。部員数が増えた1988年頃に企業チームやクラブチームと練習試合を行えるようになり、実業団チームとして日本社会人アメリカンフットボール協会に加盟申請、1990年に正式加盟を果たす。翌年には関東社会人1部リーグで優勝。東日本社会人2部リーグへ昇格。

1996年のXリーグ発足以降、しばらくは下位リーグに低迷するものの、クラブチーム化と共に2002年シーズンにX2で全勝優勝。念願のXリーグ昇格を果たす。以後、一度も降格することなくXリーグで戦いを続けてはいるものの、昇格初年度の2003年から9シーズン、1勝が8回、全敗が1回となかなか上位チームの壁を打ち破れないシーズンが続いていたが、2012年シーズンに1stステージで2勝、2ndステージ2勝と秋季リーグ4勝3敗の成績を収める。

2013年シーズンよりヘッドコーチにKurt Rose氏を迎え、4シーズンを戦ったが、依然として上位チームの壁を破れず。 2017年シーズンには、ヘッドコーチに京都大学出身の板井征人氏を迎え現体制に。2年目の2018年シーズンは、春にチーム創部以来始めてアサヒビールシルバースターに勝利し、勢いそのままに秋のレギュラーシーズンへ。第2節でLIXILに1ポゼッション差で敗退するもトップチームに対する十分な手ごたえを得て、過去最高成績5勝1敗でワイルドカードプレーオフへ進出。再びLIXILと対戦し、接戦の末のタイブレークで勝利、2019年シーズンのX1Super入りをつかみとった。

対戦するすべてのチームが格上の今シーズン、クリエイターズは、再び新たな歴史を創造すべく秋のリーグ戦に挑む。

カテゴリ クラブ
メインスポンサー 東京ガス株式会社
オフィシャルスポンサー 東京ガス株式会社/他
創部/加盟 1985年/1990年
Xリーグリーグ戦通算成績
※1996年以降、X2以下除く
■レギュラーシーズン
97戦36勝61敗
■ポストシーズン
2戦1勝1敗
※ポストシーズンはJXB、順位決定戦含む
日本社会人選手権出場/優勝 出場0回/優勝0回
ライスボウル出場/優勝 出場0回/優勝0回
チーム名の由来 「何か」を「創造(クリエイト)」する者たちの集まり ~ 自らの「歴史」を「創造」すべく、自分の限界に挑戦していきます ~
チームカラー ブルー、レッド、ホワイト
公式サイト http://www.tg-creators.com/
チームスローガン 全力
スローガンに込めた意味 試合前・試合中に「全力」で対戦相手を圧倒する。