パナソニック インパルス

プロフィール

パナソニック インパルスは1974年に創部。日本フットボール界と弊社社員に衝撃(インパルス)を与えようということから「松下電工インパルス」と命名して活動を開始。

1987年には社内のCI(コーポレート・アイデンティティ)スポーツに認定され、全社的なバックアップ体制のもとでフットボール経験者のリクルーティングを中心としたチーム力強化のための環境が整備される。翌1988年シーズンに初の社会人決勝戦進出。1990年シーズンに初の社会人優勝を果たし、創部20年目にあたる1994年、創部30年目の2004年、以降2007年、2015年シーズンにライスボウルを制覇した。これまで社会人選手権出場14回/優勝7回、ライスボウル出場7回/優勝4回の戦績を誇る。

チーム理念は『アメリカンフットボールを通じて人びとに感動や活力を提供すると共に、本活動を通じて一流の社会人を育成・輩出し、社会の発展に貢献する』とし、仕事とフットボールの両立に対して妥協なく取り組むというインパルス活動を通じた人材育成に力を入れている。

カテゴリ 実業団
母体企業 パナソニック株式会社ライフソリューションズ社
オフィシャルスポンサー ---
創部/加盟 1974年/1976年
Xリーグリーグ戦通算成績
※1996年以降、X2以下除く
■レギュラーシーズン
132戦119勝13敗
■ポストシーズン
32戦17勝15敗
※ポストシーズンはJXB、順位決定戦含む
日本社会人選手権出場/優勝 出場14回/優勝7回
ライスボウル出場/優勝 出場7回/優勝4回(1994年、2004年、2007年、2015年)
チーム名の由来 「フットボール界と当社社員に衝撃(インパルス)を与えよう」ということから命名。
チームカラー パナソニックブルー、ブラック、グレー
公式サイト https://panasonic.co.jp/ls/go-go-impulse/
チームスローガン ALL IN
スローガンに込めた意味 アメフトだけでなく、仕事や普段の生活にもALL IN! 個人、チーム、スタッフ、コーチそれぞれがチャンスに対して 「ALL IN」で取り組む。チームのために自分の全てを捧げよ。