LIXIL DEERS

プロフィール

ディアーズの創部は1989年。鹿島建設株式会社の創業150周年記念事業の一環でアメリカンフットボールのチームを結成。

鹿島の「鹿」と「雄鹿のように力強く前へ突き進め」という願いを込めて「鹿島ディアーズ」と名づけられて活動を開始した。翌1990年に日本社会人協会に加盟し、1992年に1部リーグ昇格を果たした。

1997年に東京スーパーボウル(現JXB)初出場で社会人初制覇、年明けのライスボウルでも勝利し悲願の日本一を勝ち取る。また、2009年シーズン、春季のパールボウル、秋季のJXBそしてライスボウルを全て制覇して2度目の日本一に輝いている。

転機は2014年。それまでの実業団から、株式会社LIXILをメインスポンサーとするクラブチームに形態を変更し、調布市をホームタウンに「LIXILディアーズ」として新たなスタートを切った。「日本一にふさわしいチームとなって日本一になる」「ベストは常に超えるもの」をチーム理念に掲げ、2020年シーズンも最後まで粘り強く戦い抜く。”

カテゴリ クラブ
メインスポンサー 株式会社LIXIL
創部/加盟 1989年/1990年
Xリーグリーグ戦通算成績
※1996年以降、X2以下除く
■レギュラーシーズン
132戦113勝25敗
■ポストシーズン
28戦11勝17敗
※ポストシーズンはJXB、順位決定戦含む
日本社会人選手権出場/優勝 出場6回/優勝2回
ライスボウル出場/優勝 出場2回/優勝2回
チーム名の由来 誇り高き雄鹿たち
チームカラー オレンジ/ホワイト
公式サイト http://www.deers.jp/
チームスローガン ONE DEERS
スローガンに込めた意味 2020年のチームスローガンは『ONE DEERS』に決定しました。今シーズンはコロナ禍の影響により例年とは全く違ったシーズンを送ることになり、このような困難な状況の中でも前進していくためには、まず、個人が自分の責任を果たすこと、そのために最大限に努力することが必須となりますが、個人の力だけでは限界があります。

しんどい時、うまくいかない時は、お互いが声をかけ助け合い、全員が一丸となって戦うことで強大なライバルたちにも立ち向かっていくことができます。自分たちがディアーズでの活動を通してどうなりたいのか、どうすべきなのかを互いに確認しあうことで妥協と馴れ合いを排除した屈強なチームに成長していくことができます。

また、現役の選手、スタッフをはじめとしたチーム関係者はもちろんのこと、チームを支えてくださっているスポンサーの皆様、ファンの皆様、地域の皆様、OBOG、家族、チームを応援いただいているすべての皆様の力添えがあってこそ、われわれはチャレンジできている、全員が共に戦っているということを思えば易きに流れることはないはずです。

DEERSに携わるその全員が『ONE DEERS』となり、共に戦い勝利を掴み取りたい、共に前進していきたい。そういう思いを込めてスローガンを決定しました。

われわれは未曾有の困難な状況にあっても全力を尽くし、必ず勝利をつかみ取ります。今シーズンも応援の程よろしくお願いいたします。