三菱商事 CLUB TRIAX

プロフィール

TRIAXは2000年に創設され、チーム理念に共感した多様なバックグラウンドを持つメンバーが自主的に集い、のべ5チームが合流して形成されたクラブチームです。
良い社会人であることと、真剣にアメリカンフットボールでの勝利を同時追求するというチームのDNAが受け継がれてきています。

17年にX2に昇格した後も、1歩ずつ着実なチーム作りを毎年繰り返し、若い力や様々な分野の才能を積極的に活かすことで成長の勢いを高く維持しています。

コロナ禍での特殊なシーズンながら20年はX2公式戦全勝、また21年もX2全勝でチーム初のX1との入替戦に出場し、勢いそのままに勝利しXリーグに挑戦することとなりました。
X1 Area初年度となる22年はリーグの台風の目になるよう、これまで以上に取組みの密度を上げて日々の研鑽を続けています。

カテゴリ クラブ
メインスポンサー
オフィシャルスポンサー 株式会社インシュアランス・トータルサービス
創部/加盟 2000年
Xリーグリーグ戦通算成績
※1996年以降、X2以下除く
レギュラーシーズン 0戦 0勝 0敗 (2022年初参戦)/ポストシーズン 0戦 0勝 0敗
日本社会人選手権出場/優勝 出場0回/優勝0回
ライスボウル出場/優勝 出場0回/優勝0回
チームカラー マルーン、ブラック
公式サイト https://www.triax.football
チームスローガン Life・Work・Play
スローガンに込めた意味 アメフトは一生できるスポーツではないからこそ、TRIAXは、選手だけでなく関わった全ての人が何かしら「かかわってよかった」「一生の財産になった」と思えるような「時間」「経験」を提供できるチームでありたい。

したがって、生活や仕事の時間などを犠牲にして勝利を追求するのは本末転倒であり、TRIAXというチームで真剣に勝利を追求する体験が、生活や仕事の充実につながっていくようなチームでなければならない。
これこそが、我々らしさであり、TRIAXというチームの最大の特徴である。

そう考えるが故に、アメフトで勝つために、練習やグラウンド外コミュニケーションを効率化・オーナーシップを促す組織構造・クリティカルシンキングなど、オトナとしての能力を最大限に活用し、またメンバーそれぞれがオトナとしての成長を心置きなく安全に試せる場でありたい。

チームコンセプト「Life・Work・Play」とは、そういった「社会人だからこそ」のフットボールチームであることへのTRIAXとしての妥協無き姿勢を表しています。