アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ

プロフィール

1978年に桃山学院大学の部員数減少を受けて若手OBが大学練習に参加し、その流れから「シルバータイガース」を結成した。1979年に日本社会人アメリカンフットボール協会に加盟。Xリーグ発足以降は関西学生リーグを中心とした有力選手を獲得しながらチーム強化に努めてきた。

転機は1998年。前年ディビジョン最下位となる屈辱を味わったが、現在のチーム名である『チャレンジャーズ』に変更して京都大学から藤田智コーチ(現・富士通フロンティアーズヘッドコーチ)を招へい。1998年、1999年に2年連続ウエストディビジョン全勝制覇を果たし、2000年には念願のライスボウル優勝、2001年には社会人2連覇を達成した。近年は強豪チームの壁を乗り越えられないシーズンが続いているが、『Champion’s Challenge』をチームフィロソフィに掲げて、日本一奪取に取り組んでいる。

カテゴリ クラブ
メインスポンサー アサヒ飲料株式会社
オフィシャルスポンサー アサヒ飲料株式会社
創部/加盟 1978年/1979年
Xリーグリーグ戦通算成績
※1996年以降、X2以下除く
■レギュラーシーズン
132戦82勝48敗
■ポストシーズン
18戦9勝9敗
※ポストシーズンはJXB、順位決定戦含む
日本社会人選手権出場/優勝 出場2回/優勝2回
ライスボウル出場/優勝 出場2回/優勝1回
チーム名の由来 より強いチームを目指し、自分に、アメリカンフットボールに挑戦し続けていく意思を込めて名づけた。
チームカラー アサヒブルー
公式サイト http://www.challengers-net.com/
チームスローガン One up
スローガンに込めた意味 チームのアイデンティティーとして3つの言葉を掲げた。
常に挑戦し続ける「Challenge」、前を向き1つのプレーを大切にする「One play at a time」 、何事にも本気で楽しむ「Fun!!」この3つを柱としてた。 この3つの柱を大きく、太くそして強く成長するために、今年のスローガンを「One up」にした。X1superに返り咲き、トップチームと勝負するために、ひとつひとつ成長し、1歩先に進むという意味もある。