ニュース

【X1 Area】第3節の注目ポイント

2019年09月25日水 09:04

 

【X1 Area 第3節】→チケット

9月28日(土)富士通スタジアム川崎

富士ゼロックスミネルヴァAFC vs 明治安田PentaOceanパイレーツ

前節でクロスゲームを制し勢いに乗るチーム同士の対戦。今季の富士ゼロックスは終盤の粘り強さが光る。着実にスコアし、追い上げられても逆転までは許さない試合運びが印象的だ。対する明治安田もアズワンに競り勝ち、調子が上向き。個よりもチーム力で勝負する両チーム。キッキングを含めた総合力で互いに相手を上回りたい。

 

9月29日(日)富士通スタジアム川崎

AFCクレーンズ vs ブルザイズ東京

前節で躍進著しいみらいふ福岡SUNSを僅差で退けて今季初勝利を挙げたブルザイズ東京。対するAFCクレーンズは苦しい戦いが続く。ランのブルザイズ対パスのクレーンズという構図に注目したい。ブルザイズはRBタイロン・ジョーンズ(#25)が好調。ブルザイズはQB帆足梓(#10)のメインターゲットとなるWRの核が欲しい。

 

アサヒビールシルバースター vs 名古屋サイクロンズ

アサヒビールシルバースターの開幕2連敗はX1 Area序盤戦の大きなトピック。まずは待望の一勝を挙げて巻き返しを図りたい。名古屋サイクロンズは2試合連続で接戦を演じ、この試合でもアップセットが期待される。相手に関係なく自分たちのプレーに徹することができるのが名古屋の強みだ。

 

9月29日(日)エキスポフラッシュフィールド

アズワンブラックイーグルス vs 電通キャタピラーズ

ハードヒットを連発して明治安田を最後まで苦しめたアズワンブラックイーグルスが電通キャタピラーズを迎え撃つ。アズワンはランを中心にプレーアクションを織り交ぜて、QB加納友輔(#5)へのプレッシャーを軽減したい。電通はバックフィールドにタレントが揃う。調子を上げてきたRB北村翔(#6)に注目だ。

 

アサヒ飲料チャレンジャーズ vs LIXIL DEERS

第3節の最注目カード。第2節でアサヒ飲料はエースQBギャレット・サフロン(#8)が期待通りの活躍でライバル、アサヒビールに完勝。一人で4タッチダウンを挙げたサフロン。肩に加え走力もあり、LIXIL守備にとっては非常に厄介な存在だ。LIXILもカギを握るのは司令塔。守備が得た好機をQB加藤翔平(#9)が勝負強くスコアに結び付けることができればLIXILのペース。爆発力のアサヒ飲料と遂行力のLIXIL。どちらに軍配が上がるのか。勝った方がリーグ戦後半をリードすることは間違いない。

 

みらいふ福岡SUNS vs 警視庁イーグルス

1勝同士のみらいふ福岡SUNSと警視庁イーグルスは初顔合わせ。みらいふ福岡はブルザイズ東京に敗れたとはいえパス、ランともに堅調。要所でボールを失うことだけは避けたい。警視庁は前節の富士ゼロックス戦で獲得ヤードわずか86ヤードながらディフェンスの活躍で接戦に持ち込んだ。みらいふ福岡RBブランドン・ベリー(#41)を抑えられるかがカギ。