ニュース

【海外挑戦レポート】佐藤敏基選手(IBM)、山崎丈路選手(エレコム神戸)が渡米

2020年01月19日日 23:22

Xリーグでは2019年度シーズンが完了してシーズンオフを迎えておりますが、すでに各所にて、来シーズンに向けての活動が開始されております。
海外のプロリーグを目指す選手にとっても、キャンプやトライアウトが頻繁に開催される時期となります。
第一弾として、今年も海外挑戦を続けるキッカー/パンターの2選手、佐藤敏基選手(IBMビッグブルー)、山崎丈路選手(エレコム神戸ファイニーズ)の活動予定をご紹介いたします。

佐藤選手と山崎選手は、1月18日(土)~20(月)に、アメリカ・アラバマ州モービルにて開催される「Pro Free Agent Specialists Camp (Husted Kicking)」に参加します。
この「Pro Free Agent Specialists Camp (Husted Kicking)」は、アメリカでいくつか開催されるキッカー/パンター/スナッパーに特化したキャンプのひとつで、多くのNFL、CFLのスカウトが集まることでも有名なキャンプです。
こちらのキャンプへの参加を皮切りに、佐藤選手、山崎選手は、今年の海外挑戦をスタートいたします。おふたりの活動については、これからも随時レポートしてまいります。

Pro Free Agent Specialists Camp (Husted Kicking)
January 18-20, 2020
Mobile, AL

https://hustedkicking.com/camps

佐藤敏基
1993年生まれ、横浜市出身。早稲田大学高等学院入学後、アメリカンフットボールを始める。早稲田大学では、全国大学選手権「甲子園ボウル」に出場し、準優勝に貢献。大学卒業後はIBMビッグブルーに所属し、実績を重ねながらNFLへの挑戦を続けている。2019シーズンには、日本最長タイ記録となる58ヤードのフィールドゴールを成功させるなどし、キッカーとしてオールXリーグに選出された。


山崎丈路
1993年生まれ、大分県大分市出身。大阪大学入学後、アメリカンフットボールを始める。
現在はエレコム神戸ファイニーズに所属し、実績を重ねながら、アメリカンフットボールの最高峰であるNFLへの挑戦を続けている。2019シーズンには、パンターとしてオールXリーグに選出された。