ニュース

【X Factor】BCライオンズK山﨑丈路

2021年07月08日(木) 19:00

この夏、6人の「X戦士」がカナダのプロフットボールリーグCFLに挑戦します。「X Factor」ではその6選手全員に独占インタビューを行いました。7月10日のトレーニングキャンプ開始を前にCFLに挑戦する意気込みを聞きます。

「キックを極めるためにプロへ 見せろ73ヤード弾のキック力」

昨季、オービックシーガルズに移籍してチームの7年ぶり日本一にキッカーとして貢献した山﨑丈路選手。ドラフトではBCライオンズから3巡(全体の19番目)で指名を受けました。冷静な口調ではありますが、キックに対する熱い思いを語ります。

Q:CFLグローバルドラフト(日本時間4月16日未明)はBCライオンズから3巡指名を受けました。
山﨑:率直に言うとすごく安心したというところです。事前のメールや電話のやり取りでも高い確率で指名するとは聞いていたんですが、やっぱり実際に指名されるまでどうなるかわからないし、ただの口約束レベルなのかなとも思ったりして...。実はBCライオンズとはドラフトの直前までコンタクトをとっていなかったんです。去年のドラフト候補に選ばれた時点から、(ドラフトが中止になった後)1年間まるまる連絡がなかった。自分ではもうノーチャンスなんだと思っていたところに、「明日のドラフトで君をとる予定だ」という連絡が突然来た。本当に直前までドキドキしていました。

Q:海外のプロリーグを本気で目指そうと考えるようになったのはいつごろからですか? 何かきっかけはあったのでしょうか?
山﨑:大学5年生の夏にNFLを目指そうと決めました。4年生のシーズンが終わった後の2月頃に僕の所属するジャパンキッキングアカデミーのコーチのつてで(アメリカの)コンバインに参加する機会がありました。ミシガン大学とかアラバマ大学のような有名大学の選手もいっぱい参加していたんですが、FGの数字上はその中でトップの成績を残せました。キックオフもまだ伸び代があるなりにそこそこ蹴ることができた。その時に「もしかしたら世界でも戦えるのかもしれない」と感じ、もっと上を目指していきたいという気持ちが強くなりました。
でも現実問題としてNFLを目指すのはどうなんだろうと思うところもあって、日本に帰ってきて就職活動をしながら今後についていろいろ考えていました。自分のバックグラウンドややりたいことを思い返したら、やっぱり自分の中ではキックがしたい、キックがもっと上手くなりたい、キックを極めていきたいという気持ちが1番大きいと気づきました。「キックを極める」と言うだけでは自己満足になってしまうので、それならばNFLという舞台をひとつの目標として設定していこうと決めました。そこからですね、「キックを極める=NFLを目指す」という気持ちになったのは。

Q:ドラフトで指名を受けてから今まで、どのように過ごしてきましたか?
山﨑:5月頃までは仕事も並行してやっていたんですけども、せっかくの機会なので専念する時間をくださいと会社にお願いをして、今は離職してトレーニングなど準備に専念しています。シーガルズの活動にも基本的には帯同しています。(Xリーグの)シーズン後半に帰ってくる予定でもあるのでそれを見越してです。

Q:同じくキッカーでアーゴナーツから指名受けた佐藤敏基選手とは仲がいいですが、連絡は取り合っていますか?
山﨑:まあ、ちょこちょこと。やっている活動は同じようなところがあるので、お互いの進捗状況の連絡を取るときもあれば、なんとなく探り合う時もあります(笑)。

Q:山崎選手がCFLでアピールしたい一番の武器とは何でしょうか?
山﨑:周りからもそう見られていると思いますが、やっぱりキック力です。これに関しては日本人だからとかいうことに関係なく、向こうでもトップに近いレベルでパフォーマンスを出せるという自覚はあります。そこを軸にして戦って、自分の価値を出してスターターをとりにいきたいです。ありがたいことにCFLは(アメリカンフットボールより)フィールドが広いので大きく蹴ることがすごく大事になります。もちろんFGを決めることを第一に考えていきますが、CFLには「ルージュ(またはシングル)」という得点方法があってFGが外れてもエンドラインを越えれば1点入るので、最低でも1点は計算できる選手になることはできると思っています。そういったところでご自分のプライオリティというか価値を上げていってまずはライオンズで認められたいです。

Q:今もお話に出ましたが、カナディアンフットボール特有のフィールドの広さやルールにはどのようにアジャストしていきますか?
山﨑:ルールの枠組み自体は違いますけど、基本的に自分がオンフィールドでプレイするという点ではアメリカンフットボールと全く変わらない。もちろんダウン数が違うので登場する機会が多くなるために自分のオペレーションが変わってくる可能性はあるかもしれないですけど、フィールドに出れば普段しているのと同じことを集中してやるだけです。

Q:ライオンズのコーチ陣とは何か話をしていますか?
山﨑:それほど密に連絡は取っていないです。ただ、CFLでライオンズのスペシャリストに関する記事が出ていたので読みました。今季のライオンズのスペシャリストは全員がルーキーなんです。僕と、グローバル枠で来たオーストラリア人のパンター、そして、UCLA出身でパントがメインのスペシャリストがいる。既存の選手もいましたが、僕とオーストラリアの選手がグローバルドラフトで指名された時点でカットされました。その記事では3人のなかから2人もしくは1人を選出するのかと予想されていて、読む限りでは僕のキック力も期待されているようです。(記事に寄せられたコメントには)「練習で73ヤードを決めたといってもあくまでも練習だろう?」という声がある一方で、「練習で決めるということは実際に決められるんだよ」というコメントもあって。そういうところでも期待に応えるパフォーマンスをしっかり出来るように準備を積み重ねていこうと思います。

Q:アクティブロースター内のグローバル選手枠が2つから1つに減りました。競争は厳しくなりますね。
山﨑:こちらとしては初めからスターターをとりにいく予定なので、結局やることは変わらないです。自分のプライオリティをしっかり高めてスターターを獲得すれば絶対に必要な選手になりますから。キッカーというのは試合に出る選手は1人、ましてやロースター登録される選手が1人というポジションなので、絶対的な存在になってしまえば外しようがない。自分が最初に想定していたところを一生懸命やっていくということです。

Q: BCライオンズにはどのようなイメージを持っていますか?
山﨑:どんなことをしてでも勝ちに行くという雰囲気を感じています。2019年は最下位だったんです。だから何としても勝ち星をあげてグレイカップに行くんだという気持ちが、チームとのメールを見るとすごく伝わってきます。選手の入れ替わりも多くて、代謝をさせて新しいチームで上に行こうとしている。また、ブリティッシュコロンビアという土地柄なのか、大きな都市なのに意外とプロスポーツリーグはあまりなくて、その分観てくださる方は多いのかなと。街全体を盛り上げるような結果を出していきたいです。

Q:山崎選手の考えるアマチュアとプロフェッショナルの違いとは何でしょうか?
山﨑:自分のためにできるか他人のためにできるかというところが一番大きいかなと思います。もちろんアマチュアスポーツでも他人のためにやるというところもありますが、プロはお金が発生して仕事としてやる。自分のパフォーマンスでチームの勝敗が決まるということもそうですし、お金をもらっている以上は期待に応えないといけない。期待に応えるような振る舞いや接し方をしないといけない。そこに責任が発生するのが一番の大きな違いですね。それを自覚する必要があると思います。

Q:パフォーマンスによって勝敗が分かれるという点ではキッカーはまさにそういった場面での登場が多いポジションです。山崎選手はそういうプレッシャーには強いタイプですか?
山﨑:そういうプレッシャーに対してはあまり深く考えないです。さっきの話と矛盾するかもしれないですが、自分のやりたいことをベースにしてやっているので、究極に言うと自分の心の中に他人は介在しないんです。だから、大事な試合でチームの勝利がかかっているとか、多くの観客が観ているというのは究極のところ関係ない。組織の人間として、やはり人並みに「ここは自分の責任だ」と思うところはありますけど、自分では自分の理想としている球を蹴ることができるかどうかという一点でしかない。皆さんが思っているよりも僕は(状況に)あまり頓着していないというのが答えになると思います。

山﨑丈路(やまさき たける)
BCライオンズK(3巡全体19番目指名)
1993年9月2日、大分県生まれ。高校まではサッカー選手として活躍したが、大阪大学でアメリカンフットボールを始める。2017-19年はエレコム神戸ファイニーズでプレー。2020年にオービックシーガルズに移籍し、7年ぶりの日本一奪回に貢献する。練習では73ヤードのFGを成功させ、話題となった。173 cm、85 kg。

BC Lions(BCライオンズ)
1954年創立でブリティッシュコロンビア州では最古のプロチーム。1997年から20年連続でプレーオフに出場した強豪チームだが2019年は5勝に終わる。シーズン終了とともにリック・キャンベル現HCを迎えてチームの刷新を図っている。現在NFLのテネシー・タイタンズのDEキャメロン・ウェイクが2007年から2年間在籍した。チーム名の由来は当地の象徴的名勝地であるライオン山で、ファン投票によって決められた。本拠地:ブリティッシュコロンビア州バンクーバー ホーム球場:BCプレース(54,500人収容) 2019年シーズン:5勝13敗(ウェストディビジョン4位) グレイカップ優勝:6回(1964、 1985、 1994、2000、 2006、 2011年)

HP:https://www.bclions.com/
Twitter:https://twitter.com/BCLions
Facebook:https://www.facebook.com/BCLions/
Instagram:https://www.instagram.com/bclions_official/
YouTube : https://www.youtube.com/user/OfficialBCLions

国際活動コーポレートパートナーのご紹介

Xリーグの国際活動は、下記のコーポレートパートナー各社様にご支援いただいております。