ニュース

【X1 Super セミファイナル】富士通QB高木、遅れてきたエリートが大役を果たす

2019年11月30日土 22:36

ジャパンエックスボウル4連覇を目指す富士通フロンティアーズが躍進著しいエレコム神戸ファイニーズを富士通スタジアム川崎で迎え撃った。富士通はRBサマジー・グラント(#29)が止まらない。味方さえも翻弄する変幻自在のコース取りでロングゲインを連発。ディフェンスの意識を自らに集中させ、プレーオフ経験の乏しいQB高木翼(#18)を援護射撃。これに応えた高木は絶妙にコントロールされたパスで4本のタッチダウンを挙げる活躍。ファイナルスコア31-13でエレコム神戸を下し、7年連続でジャパンエックスボウル出場を決めた。

Photo  エムアイプランニング

試合記録詳細

JAPAN X BOWL 特別メニュー(12/16 19:00~東京ドーム)

チケットを購入する!(2500円~/高校生以下無料)第33回JAPAN X BOWL概要 | アメフトのルールを覚える! | JXBを知る!楽しむ!【週刊JXB】 | 世界に誇る“サムライ・ギタリスト” MIYAVI